〒080-0856 帯広市南町南9線49番地
TEL:0155-66-6200 FAX:0155-47-3622
E-MAIL:info@haguku-mu.net


2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリー
アーカイブ


7月17日 伊沢正名さん講演会 2017年7月29日

7月17日(月)

かつては菌類(キノコ)の写真家として名をはせ、現在は糞土師を名乗っておられる伊沢正名さんをお招きし、丸一日、菌類のこと、うんこと生き物の命との繋がりについて教えていただきました。

 

午前の第1部は、「生き物講座(菌類編)」

 

まずはスライドによる菌類の解説。

地面に這いつくばって見上げるようにして撮ったキノコの写真。水玉のように美しいカビの拡大写真。

自分も生きつつ他者も生かしている菌類の生き様を「とても上から見下ろす気持ちにはなれなかった」と伊沢さん。

とても美しい写真が続きます。

P7170102

食べられるキノコかそうでないか。人間の都合による一面的な見方で菌類を見るのではなく、目立たないところで、もっと別の次元でたくさんの役割を果たしている菌類のことを見てほしいと力説されます。

「キノコを愛の目で、菌類を愛の目で。」

菌類に対する愛情と畏敬が熱いほどに伝わるお話でした。

 

その後、屋外へ出て、腐朽菌、共生菌、寄生菌など身近にみられる菌類を観察。木材、落葉や生き物のうんこが土に還っていく様子や菌類同士がせめぎ合っている様子など、わかりやすく教えてくださいました。

P7170132

一緒に参加してくださった帯広畜産大の菌類の先生も、研究者の視点から解説を加えてくださり、とても幅が広い観察会となりました。

 

午後の第2部は、講演会「うんこは生き物のごちそう~うんこでつながる命の循環」

ここからは「糞土師」伊沢さんの真骨頂、うんこのお話をたっぷりしていただきました。

DSCN9656

ユーモアを交えつつ、うんこがどのように生き物に利用され、食べられ、土に還り、動物や菌類、植物の栄養となって他の命につながっていくか、どんな学者にもまねできない「のぐそ」第一人者である伊沢さんならではの実践と観察に基づく報告でした。

P7170142

うんこにまつわる「目からウロコ」のお話に受けた感銘もさることながら、それを何十年、ずっと継続されている伊沢さんの熱意ほとばしるお話に、「実践」「継続」そして「情熱」に勝るものはない!そう感じさせてくれた素晴らしい講演でした。

 

講演会終了後は第3部、ここからは伊沢さんを囲んでのフリータイムです。

 

DSCN9665

伊沢さんののぐそセットや、極上葉っぱの実物を紹介してくださいました。

講演で話しきれなかったこと、裏話などなど話は尽きませんでした。

 

朝から夕方まで、とっても濃密な一日なりました。

伊沢正名さん、本当にありがとうございました。

(タチモリ)

 

 

 

 

森の寺子屋~草の巻 2017年7月7日

6月25日 森の寺子屋~草の巻

 

「草」がテーマのこの日は「草抜き」と「草木染め」

 

「草抜き」は、帯広の森のある一角に一面はびこる、道指定外来種「イワミツバ」の抜取り。

庭の鑑賞用などで植えられるこの植物は、根っこでどんどん増え、はびこると相当やっかいです。

なので、地上部をむしるだけでなく、根っこごと抜取る(というより剥ぎとる)ことが重要。

 

ということで、みんなで抜取り、剥ぎ取り大会開始!

P6250015

主役の子どもも、サポートの大人も、手伝いの高校生もみんなでわっせわっせと作業!

気づいたら、半分以上はミミズの掘り起こしと観察に費やされていたような気もするけど。まあそれもよし。

 

こんな感じ(↓)が、こんな感じ(↘)になりました。

P6250002 P6250023

ある程度、根っこから剥ぎとれた箇所、地上部をむしっただけになった箇所、半々ぐらいですが、

それが今後どうなるのか、違いも見ていきたいと思います。

 

その後はちょっとお楽しみ。

草木染めです。

 

今回は、イチイ(オンコ)の木材などを煮出して染めてみました。

P6250031  CIMG5868

DSCN4362  P6250035

オンコはピンクのような茶色のような、なかなか味わい深い色に染めあがりました。

 

最後はお決まり、たき火おやつ。

火おこしは手慣れたもんです。

P6250040

今回のメニューは、ビスケットの間に焼きマシュマロとチョコをはさむ「スモア」なるもの。

とっても美味しそうに食べてました(結局、私の口にははいらんかったんだな・・・残念)

(タチモリ)

1月14日 森の寺子屋 2017年1月14日

1月14日(土)森の寺子屋~雪の巻

 

最低気温がマイナス20℃を下回る極寒の朝からスタートです。

四季を通じて行っているイベントですが、いつの季節も何はさておきまずは働いてもらいます。

P1140826

最初は枯れたダケカンバの木を伐採し、のこぎりで玉切りしてもらいました。

カンバの樹皮はたき火の焚き付けには欠かせません。切ってもらった丸太はそのまま放置しておいて、春以降のたき火パンプログラムの樹皮採取に活用させてもらいます。

 

その後、森の探検に出発。

 

P1140833 DSC_0072

キツネの足跡を追跡して巣穴を探すミッションは途中でうやむやになり、挫折した模様。

長靴が雪に埋もれて脱げたりと、アクシデントもありました。

 

隊列が長くなり、後ろの人まだこないのーと文句たらたらになったので、雪山でも上ってたら?

というと、あっという間に雪山にへばりつく子どもたち。

P1140835

 

見上げるとモモンガが!今日もレアな生き物に出会うことができました。

 

P1140840

 

お昼を食べた後は、自由に遊びます。室内で積み木する子、そりすべりする子、雪山を掘る子・・・

P1140857 P1140856

雪山トンネル堀りは無事開通したようです。

 

ひと遊びしたあとは、さっき倒したカンバ木から樹皮をいただいて、たき火スタート

P1140863 P1140877

 

網で餅を焼いて食べました。

P1140878  P1140880

気温は極寒だったけど、お陽さまさんさんで、寒さをほとんど感じずたくましく元気に過ごせました。

(タチモリ)