〒080-0856 帯広市南町南9線49番地
TEL:0155-66-6200 FAX:0155-47-3622
E-MAIL:info@haguku-mu.net


2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
カテゴリー
アーカイブ


みんなで森をはぐくーむ 2018年3月4日

2月25日(日)「みんなで森をはぐくーむ」を開催しました。

 

この日は過去最大の50名を超える参加がありました。ほとんどは「NPO法人ぷれいおん・とかち」さんからのご参加。

ぷれいおん・とかちさんは4月から、帯広の森の森づくり活動団体として、森での活動をスタートさせます。

今回は、その予行演習のような場にもなりました。

 

後付けで思えば、この日のテーマは「開拓」だったのかな。

 

朝、集まってまずやったことは居心地の良い広場づくり

P2250862

雪原の雪をほりほり、そして掘った場所をふみふみして、素敵な空間が出来上がりました。

 

広場の近くには、立木を利用して巨大ハンモックも設置。このネットは山岳作業のヘリコプターの荷吊り用に使われていたものです。

P2250128 DSC_7119

一日中、この場から子どもたちの姿が絶えることはない、超人気スポットになりました。

 

広場の脇で、何かを作り始めたお兄さん。

P2250886 DSCN6769

できたのは「おみせやさん」

 

森で見つけた面白そうなものを紹介してくれたり、交換してくれるのだそうです。

喫茶店のマスターっぽく、気さくに「おみせやさん」をきりもりしているこのお兄さん、実は自然のことを調べている現役の学生さんでもあり、博物館の学芸員さんでもあります。その道のプロなんです。なかなか貴重ですよ~。

P2250908 P2250910

 

広場にはロケットストーブも登場し、昼はなんだかにぎわっておりました。

DSC_7178

 

一方、少し離れた場所では、別の「開拓」作業が同時進行で行われていました。

秋に伐採し、雪に埋もれていた丸太を馬で運び出す「馬搬」の作業です。

馬が木材を引っ張るのを傍らで「がんばれー」と笑顔で眺める。そんな光景を想像するかもしれませんが、そんな生易しいものではありません。なんせ、60㎝ほどの積雪で、これでは木材を引っ張るどころか、馬が歩くことも大変です。なので、まずは人間が雪をかき、踏みしめて馬道を作らねばなりません。

P2250899 DSCN6785

右)人間の作業待ちのモモちゃん。現地調達のササの葉でもぐもぐタイム

 

汗水たらたら、一枚脱ぎ二枚脱ぎ・・・、いつの間にか流れ作業の道づくり作業工程&役割分担も出来上がり、昼前には何とか馬が木材を引っ張る道ができ、この日の主役モモちゃんが無事木材を林外に出してくれました。

P2250901 P2250882

 

豊かな森、素敵な空間をつくるためには、いろいろと大変な作業があるもんだ。そう実感した「開拓」企画でありました。

ちなみに、頑張ってつくった馬道も広場も、数日後の大雪により、全て跡形もわからぬ雪原に戻りました(笑)。

 

春からは、ぷれいおんさんの呼びかけで、楽しい森づくり、素敵な場づくりが始まります。

楽しみです!

(タチモリ)

 

 

 

 

 

森の寺子屋~歩の巻~ 2017年11月30日

11月25日に行われた森の寺子屋。

今回は「歩の巻」 森の探検がメインです。

車ではぐくーむから離れた森の入口に移動してそこからスタート!

太陽の方向を目指せ!とだけ教えられた子どもたち。歩くルートは自分たちで決めます。

はぐくーむに無事たどり着けるでしょうか。

PB250648

 

倒れた木の上を渡ったり

DSCN6135

 

川を渡ったり

PB250666PB250677

 

天然のスケートリンクで遊んだり

PB250693

 

雪の上を転げ回ったり

PB250739

 

途中でお弁当を食べたりしながら

DSC_0119

 

どうにかはぐくーむに帰って来れました!

PB250746

 

 

帰ってきた後は、まき割りをしたり、たき火をして焼きイモを焼いたり

DSC_0150PB250756

 

 

体を動かした後の焼きイモは最高!

DSCN6184

 

 

そんな大冒険の一日でした。

(サトウ)

 

 

 

森の寺子屋~焚火の巻~ 2017年9月12日

9月10日 森の寺子屋~焚火の巻~

 

この日は「焚火の巻」ということで「間伐」と「たき火パン」

 

「間伐」は混みすぎている木を切って間引く作業のこと。

帯広の森は市民の植樹によって出来た森。まだまだ間伐の作業が必要な場所がたくさんあります。

今回ははぐくーむの正面にあるトドマツの林を間伐します。

DSCN5129DSCN5133

細めの木ではありますが、自分より何倍も背の高い木をノコギリを使って切り倒す危険の伴う作業。

子どもたちの表情も真剣です。

でもきちんと手順を踏めばこのように安全に切り倒すことが出来ます。

 

倒した木は切り分けて、幹はペレットに加工するためにペレット工房へ、

枝はこの後のたき火に使うのでリヤカーで運びます。

DSC_0054

 

次は「たき火パン」の生地づくり。

一人分の材料をビニール袋に入れてこねていきます。

DSCN5150

こね終わったら生地もみんなもちょっと休憩。

生地が発酵する間にお弁当を食べましょう。

 

 

午後からはいよいよお待ちかねのおやつ。

でもその前にたき火を起こさなければいけません。

DSCN5173

マッチで火をつけて、うちわで一生懸命あおぎます。

 

この日のおやつは盛りだくさん!

自分で作ったたき火パンの他、とうもろこし、バナナも焼いて食べました。

DSCN5182 DSCN5186DSC_0103

 

食べる前はあまり受けが良くなかった焼きバナナですが、いざ食べ始めると大好評。

たき火パンも自分で作ったものは一味違います。

前日の雨が嘘のように天気にも恵まれ大満足の一日となりました!

(サトウ)

 

追記 この日はOCTVさんの取材も来ていました。

9月19日~放送の「学校だいすき」という番組です。

同じ内容で一日に何度か放送されるようなのでチェックしてみてはいかがでしょうか。