〒080-0856 帯広市南町南9線49番地
TEL:0155-66-6200 FAX:0155-47-3622
E-MAIL:info@haguku-mu.net


2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリー
アーカイブ


クルミハムシ 2022年8月16日

 

クルミの木の葉がボロボロになっているのを見つけました。ボロボロになった葉の上をよく見ると、黒い甲虫と、茶色いイモムシのような虫がいます。これらの虫が大量にいて、葉を食べたようです。また、葉の裏にぶら下がる、黒い干からびた虫のようなものも見えます。

これらは全てクルミハムシという昆虫です。黒い甲虫がクルミハムシの成虫、イモムシのように見えるのが幼虫で、ぶら下がっているのがさなぎです。

クルミハムシは、葉を食べる昆虫であるハムシの仲間です。成虫も幼虫も葉を食べて育ちます。ハムシの仲間は決まった植物しか食べない種類が多く、クルミハムシもクルミの葉しか食べません。

クルミハムシが葉を食べつくすくらいに大量発生するわけは、産卵前のクルミハムシのメスを見るとわかります(写真右上)。お腹が体の何倍もの大きさにふくらむくらいの卵を抱えたメスは、1匹で大量の卵を生みます。大量の卵から幼虫がいっせいに出てくることで、天敵におそわれても一部は生き残れるようにしているのです。しかし葉を食べられるクルミの木にとっては、たまったものじゃないかもしれませんね。

 

 

7月13日(水)十勝毎日新聞掲載(サトウ)

 

魅力いっぱいホオノキの葉 2022年6月28日

 

 

木の葉っぱが次々と出そろう初夏。なかでもひときわ大きい葉が、ホオノキです。葉の長さは30cmほどにもなり、日本では最大級の葉っぱです!

ホオノキは、もともと山に生育する木で、6月ごろあざやかな白い花を咲(さ)かせます。身近な場所でも、公園にみられたり、帯広では街路樹として植えられています。

ホオノキの大きな葉は、昔から各地で料理などに利用されてきました。岐阜県(ぎふけん)では、5月5日の子どもの日に食べるおもちを、ホオノキの葉で包む習慣があります。また、ホオノキの葉で味噌(みそ)を包んで焼き、独特な香りをつけるホオ葉味噌も有名です。

魅力(みりょく)いっぱいのホオノキの葉は、いろいろな遊び方でも楽しむことができます。お皿代わりに使うのはもちろん、葉に穴を開けたりおったりすれば、おもしろいお面ができます。さらに、葉を写真のように切りとれば、ホオノキの葉のひこうきが完成です。だれが一番遠くに飛ばせるでしょうか。

ホオノキの葉は、夏だけでなく、秋の落ち葉でも遊ぶことができます。森や公園でひときわビッグな葉を見つけたら、ホオノキのことを思い出して手にとってみてください。

 

2022年6月22日(水)十勝毎日新聞掲載(ミヤザキ)

 

 

働き者の「マルハナバチ」 2022年6月7日

 

 

春の森で、花に来ていたエゾオオマルハナバチを見つけました。マルハナバチの仲間は、ミツバチと同じグループに含まれるハチで、ミツバチより少し大きく、丸みがあって毛深いのが特ちょうです。春に見かけるマルハナバチは、昨年の秋に生まれた、これから巣を作る新しい女王バチです。マルハナバチは春から夏にかけて、女王バチを中心とした巣を土の中に作って生活します。

花に来るマルハナバチには、自分のエサとなるミツを吸うこと以外に、もう一つ大きな目的があります。それは幼虫のエサとなる花粉を集めることです。マルハナバチは体についた花粉を集め、ミツと混ぜ合わせて団子状にしたものを巣に持ち帰り、幼虫に与えるのです。

マルハナバチは花粉を体につけて花から花へ飛び回るため、花の受粉を助けるという、植物にとって重要な働きもしています。体や羽音が大きいため、怖がられることも多いマルハナバチですが、性格はおとなしく、刺すことはめったにありません。見かけたらそっと見守ってあげましょう。

 

2022年5月18日(水)十勝毎日新聞掲載(サトウ)