〒080-0856 帯広市南町南9線49番地
TEL:0155-66-6200 FAX:0155-47-3622
E-MAIL:info@haguku-mu.net


2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリー
アーカイブ


ヨーロッパからきたライラックの木 2020年7月4日

 

 

道路に植えられたさまざまな街路樹(がいろじゅ)の葉が色こくなり、さわやかな季節になりました。5月~6月は、むらさき色の花を咲(さ)かせるライラックの木がひときわ目をひきます。

枝先に小さな花がたくさん集まって咲くようすは大変かわいらしく、とても良いかおりがします。ライラックの花の美しさやかおりは、多くの人を引きつけ、初夏のおとずれを知らせてくれる欠かせない存在です。

ライラックの花が多くの人を引きつけるのは、世界の国でも同じです。ライラックはもともと外国からきた木で、ふるさとはギリシャなどがあるヨーロッパのバルカン半島です。約500年前の大昔、ライラックがフランスなどへ栽培(さいばい)のために持ちこまれたことをきっかけにヨーロッパ全体に広まりました。英語で「ライラック」、フランス語では「リラ」と呼ばれます。その後、アメリカに伝わったライラックは、約150年前の明治時代に日本へ伝わりました。寒さに強いことから、日本では特に北海道に多く植えられています。

多くの国で親しまれるライラックの木、世界共通の花の美しさやかおりで、街路樹から私たちの目を楽しませてくれます。

 

2020年6月6日(土)十勝毎日新聞掲載(ミヤザキ)

木々の芽吹き 2020年5月12日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
     扇子を広げるように開く(イタヤカエデ)         手のひらを広げるように開く(オニグルミ)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
      打ち上げ花火のように開く(カラマツ)           ほんのりと赤くなった葉(カツラ)

 

春になると、森の木々では、冬の間はかたくとじていた芽がいっせいにふくらみ、芽の中に折りたたまれていた葉が開いてきます。葉が開いていく様子は、木によって違いがあり、それぞれ個性的です。

モミジやカエデの葉は、山折り、谷折りと交互にきれいに折りたたまれていて、扇子(せんす)を広げるように開きます。クルミの葉の開きはじめはにぎっていた手のひらをふわっと広げるようです。ほかにも、まるで打ち上げ花火のように開くもの、くしゅくしゅっと丸めたティッシュペーパーが広がるように開くものもあります。開きはじめの葉の色も、すきとおるような緑色のものや、白っぽい産毛(うぶげ)をつけたものなど、木の種類によって様々です。エゾヤマザクラやカツラのように、開きはじめの葉は、ほんのりと赤いものもあります。

芽がふくらみ始めてから葉が開くまでの変化のスピードはとても早く、芽吹き始めた数日後には葉がすっかり開いていることもあります。この時期にしか見ることができない、木々の個性的な芽吹きの様子をぜひ観察してみてください。

 

2020年5月9日(土) 十勝毎日新聞掲載(タチモリ)

 

命をつなぐスミレのラッパ 2020年4月16日

 

これからの春本番、サクラをはじめ様々な花が咲く、華やかな季節がやってきます。目線を下に向けると、地面にも美しい花の世界が広がっていることがわかります。

足もとでむらさき色に咲くのは、スミレの花です。スミレは、小さくてかれんな姿や美しい色から、ひとの名前や色の表現にも使われ、昔から親しまれて来た植物です。かわいいスミレの花ですが、次の世代に命をつなぐため、たくみな花のつくりをしています。

スミレの花をじっくりみると、横向きのラッパのようなおもしろい形をしています。花がラッパに似ているのは、5枚の花びらのうち、下がわの1枚の後ろが出っぱって筒状になっているからです。

筒にはみつがたまり、虫がみつを吸うためにやってきます。虫がみつを吸うには、筒のおくへもぐりこまなくてはなりません。ラッパのような筒は、虫がもぐりこむと、たくさんの花粉が虫の体につくしくみになっています。こうして虫に運ばれる花粉によって、生き残るために必要な種が作られていくのです。

さまざまな花が咲く春、足もとにも広がる植物の世界をのぞいてみてください。

 

2020年4月11日(土) 十勝毎日新聞掲載(ミヤザキ)