〒080-0856 帯広市南町南9線49番地
TEL:0155-66-6200 FAX:0155-47-3622
E-MAIL:info@haguku-mu.net


2016年6月
« 3月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
カテゴリー
アーカイブ


6月4日 みんなで森をはぐくーむ 2016年6月24日

6月4日(土)みんなで森をはぐくーむ

 

一町歩の森にて活動を行いました。

小雨がぱらつく中、やったことは草を抜く作業、すなわち「草むしり」!

 

一つは昨年秋に、外来種オオアワダチソウを抜いた後、林内に生えていた稚樹を移植した場所。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨年、草を全て抜き取った箇所なので、今年の草抜きはそれほど苦労しません。

 

 

DSC_0019 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨年、大人の背丈に迫るぐらいの一面のオオアワダチソウを抜いた箇所(左写真)は、今年はアワダチソウはほとんどなく、かわりに一面が在来種のキツリフネ畑(右写真)。

たった一年でここまで変わったのは驚きです。

 

 

DSC_0214 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして昨年、「木の赤ちゃんのおひっこし」ということで近くの幼稚園児が移植してくれた広葉樹の稚樹たち(左写真)。ほとんどがしっかり根付いて今年の葉っぱをつけていました(右写真)。

幼児の作業でもしっかり根づくこと、証明されました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お昼は、あったかいものを飲みながらしばしのおしゃべりタイムです。

 

そして、もう一か所の作業場所は、一町歩の森から少し離れた、吉村元市長の銅像近く。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一面に生えたイワミツバ。北海道の指定外来種に指定されている、繁殖力の強いこの草を抜きました。

 

DSC_0135 DSC_0152

一面に生えていたのを(左写真)、頑張って抜き取りました(右写真)。この後の変化が楽しみです。

 

「小雨まじり」「草むしり」、心躍る単語ではないですね。むしろその対極にあるものです。

でも、それをやることによって起きる変化を実感できたり(それは翌年かもしれませんし、何年も後かもしれませんが)、一緒に作業する人とのおしゃべりなどその時間、その場自体が楽しかったり、それ自体が価値ある作業、時間だというふうに感じられたならば、人によっては労働とか苦役になりそうなことも楽しみに変わったりします。

「森づくり」の作業の多くはそんなようなものなのかもしれません。

 

この日の参加者の皆さん、何だかんだと、それなりに楽しみ、それなりの満足感、達成感を感じてらっしゃったようでした。

次回は、もう少し、気楽な楽しみもあるかな?まあ、草は必ず伸びてくるので、草刈り、草むしりはやりますけどね。

(タチモリ)