〒080-0856 帯広市南町南9線49番地
TEL:0155-66-6200 FAX:0155-47-3622
E-MAIL:info@haguku-mu.net


2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリー
アーカイブ


鳥をさそう赤い実 2016年7月31日

7月25日鳥をさそう赤い実

 

サクラの仲間やエゾニワトコの実が赤や黒に色づいてきました。

 

緑が深まった森の中で、色づいたこれらの木の実はよく目立ちます。「実りの秋」というにはまだ早いですが、種類によっては早くも実りの季節を迎えているのです。
赤や紫、黒などに色づく木の実は鳥たちの大好物です。実の外側には糖分などが含まれる果肉(かにく)があって、鳥たちはそれをお目当てに、実を丸飲みします。

 

果肉の部分は体内で消化されるのですが、果肉の中にはかたいタネがあり、それは鳥に食べられても消化されず、やがてそのまま糞と一緒に外に出されます。

 

これが、色づく実をつける木のねらいです。鳥は飛んで移動するので、結果として、タネがあちこちに運ばれることになるのです。

おいしい果肉はタネを運んでもらうための、鳥へのごほうびというわけです。
木の実の目立つ色は、鳥に見つけてもらいやすくするためで、熟す前は葉と同じ緑色なので目立たちませんが、熟して食べてもらえる時期になると、赤などの目立つ色に変わります。
これから秋にかけて、順番にいろいろな種類の木の実が熟していきます。色づいた実を食べに鳥がやってくる様子が観察できますよ。

 

2016年7月25日 十勝毎日新聞掲載(タチモリ)

森の「落とし文(おとしぶみ)」 2016年7月16日

落とし文

 

 

この時期、森を歩いていると、写真のように巻物のように丸まった葉が落ちているのを見つけることができます。

 

昔の人はこの葉っぱの巻物を、他人にバレないように道に落として目当ての人にわたした手紙「落としぶみ」にたとえました。昔の手紙は巻物の形をしていたので、そう見えたのでしょう。

 

作っているのはそのままズバリ「オトシブミ」という名前の虫です。

葉を広げると、小さなイモムシのような虫が入っています。オトシブミの幼虫で、幼虫が入るゆりかごだったのです。オトシブミは葉を巻いてそこに卵を生み、地面に落とします。

 

卵からかえった幼虫はこの葉を食べ、ゆりかごに守られながら中で蛹になり、成虫になってゆりかごに穴を開けて出てきます。落としぶみは幼虫にとって、食料であり、隠れ家でもあるのです。
落としぶみは、折り紙のように葉を折るだけで作られています。落としぶみが4~8cmで成虫は1cmもないくらいの大きさです。自分の何倍もの大きさの葉を折り曲げて作るパワーと器用さには驚きます。
代表種の「オトシブミ」の他にも色々な種類がいて、落としぶみを作る植物の種類や作り方、形が違います。

 

いろんな「落とし文」をとってきて、どんなオトシブミが出てくるか観察してみても面白いかもしれません。

 

2016年6月27日 十勝毎日新聞掲載(サトウ)

7月3日 森の寺子屋 2016年7月3日

7月3日(日)森の寺子屋

今年度2回目の寺子屋です。

 

まずはウォーミングアップで、葉っぱを使った「たたき染め」にチャレンジしてもらいました。

CIMG4033 CIMG4044

文字通り、「葉っぱをたたいて染める」という単純にして明快なものですが、今回は、これのほかに、ちょっとアレンジを加え、葉っぱをたたいて布に埋め込みそのまま固定してしまうというのもやってみました。先日の試作時の思いつきから生まれたものなのですが、なかなかのものです。

 

お次は、外来種オオアワダチソウ抜き。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA DSCN2117

抜いてきたものを、今回お手伝いで来てくれた、農業高校森林科学科のお兄さんに渡すと、それを結わえて束にしてくれます。これを隠れ家(右写真の右端)に立てかけ、隠れられるようにという魂胆なのですが、量が全く足りず、未だ隠れられる状態には至っておりません。

 

そのうち、アワダチソウが学生さんに届くペースが急に落ちたかと思ったら、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クワの実とりが始まっておりました。

 

天気が良かったので、ランチは木陰で。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

午後は、育てたい木を圧倒しているシラカバの幼木を切ってもらいました。

指導役は高校生のお兄ちゃんたち。頼りになります。

 

今回のおやつは、アメリカンサイズの巨大マシュマロ。たき火であぶって、大き目のビスケット「かーさんケット」に挟んで食べようという魂胆です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マシュマロを指す棒はさっき切ったシラカバから小枝をとって、お兄さんに削ってもらいます。またまた頼りになります。

 

マシュマロの感想はと言いますと、、、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でかすぎてビスケットからはみ出て食べづらい、飲み物がほしくなる、、、

でかけりゃいいってもんではないってとこかな?まあ、楽しいからまたやってみるか。

(タチモリ)