〒080-0856 帯広市南町南9線49番地
TEL:0155-66-6200 FAX:0155-47-3622
E-MAIL:info@haguku-mu.net


2016年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリー
アーカイブ


7月30日 コウモリウォッチング 2016年8月14日

7月30日(土)生き物講座(哺乳類編)~コウモリウォッチング~

 

帯広畜産大学でコウモリなど哺乳類を専門に研究されている赤坂先生をお招きし、日暮れ時に合わせて開催しました。

まずは赤坂先生から、いきなりのお題。

「コウモリの絵を描いてください」

CIMG4363

 

ただでさえ、姿を見かけることはほとんどなくなじみの薄いコウモリ、なかなかの難題です。

 

その後は答え合わせ。実物の標本を見せていただきました。

P7300041

 

ここから、ようやくコウモリのお話しのはじまりです。

 

P7300060

コウモリって鳥?

コウモリって血を吸うの?

キホンのキから楽しく教えてくださいました。

 

そして、いよいよ屋外へ。

といっても、外は暗く、コウモリの姿は見えません。

そこで登場したのが、コウモリ探知機~バットディテクター!コウモリが出す超音波を人間の耳で聴きとれる周波数に変換してくれる優れものの機械です。

 

P7300061 P7300097

開けた空に向けると、確かに上空から反応が聞こえます。

コウモリは珍しい動物ではなく、実は身近に住んでいる生き物なのだそう。

北海道に住む哺乳類の種類の1/3はコウモリで、一匹あたり蚊などの虫を一晩で500匹も食べるのだとか。

 

そして最後は、実物のコウモリをスクリーンテントの中で放し、飛ぶ様子を観察(コウモリは特別な許可を得て事前に捕獲していました)。

P7300080 P7300087

コウモリが飛ぶ様子を間近で見ることなんてなかなかありません。みなさん興味津々でした。

 

コウモリがこんなに身近な存在だとは!

コウモリの生態や自然の中で果たしている役割など、体験も交えてとても楽しく学ぶことができました。

(タチモリ)