〒080-0856 帯広市南町南9線49番地
TEL:0155-66-6200 FAX:0155-47-3622
E-MAIL:info@haguku-mu.net


2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリー
アーカイブ


年輪~木の年れいが分かる 2016年12月25日

dsc_0029

 

木は葉を落とし、公園や校庭の風景も冬モードです。

 

植物は葉で栄養をつくる光合成(こうごうせい)をおこないますが、冬の木のうち葉がない木の成長は休みで、葉を落とさない木も成長はゆっくりになります。

 

一年間の木の成長の跡(あと)は、毎年幹(みき)に残る年輪(ねんりん)となります。
お菓子(かし)の「バームクーヘン」を思い出してください。「木のケーキ」という意味だそうです。

 

何重(なんじゅう)もの円は年輪をあらわします。年輪に線がつくのは、幹の成長のていどが季節によって変わるからです。

生き物が成長する時にはからだをつくる細胞(さいぼう)が増えます。

 

幹は、春から夏の気候のよい時期によく成長し、それぞれの細胞は大きく太って、細胞のまわりの壁(かべ)が薄くみえ、輪(わ)は淡(あわ)い色になります。いっぽう、夏から秋の寒くなる時期に成長が遅(おそ)くなると、細胞は小さく、細胞の壁が厚くみえ、輪の色は濃(こ)くなり、茶色い線の年輪となります。

 

年輪は、前の年と次の年の幹の成長の跡を分けることから、切り株の年輪の数から木の年れいが分かるのです。
切り株や木の家具で年輪をみてみましょう。木の成長には、気候が大きく関係します。年輪の幅(はば)の広い年、せまい年、きれいな輪でない年があるかもしれません。木の歴史に想像をめぐらせてみてください。

 

2016年11月28日 十勝毎日新聞掲載(ミヤザキ)