〒080-0856 帯広市南町南9線49番地
TEL:0155-66-6200 FAX:0155-47-3622
E-MAIL:info@haguku-mu.net


2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
カテゴリー
アーカイブ


エゾリスの冬毛と夏毛 2019年5月21日

リス

夏毛のエゾリス(左)、冬毛のエゾリス(右)

 

雪の上を歩いていると、枝の上にエゾリスの姿が見えました。ふわふわの毛におおわれ、ふっくらとしたエゾリスです。でも、夏に出会ったエゾリスは、もっとほっそりとしていました。どうして夏と冬では違うのでしょうか?

 

その理由は体をおおっている毛にあります。エゾリスは、冬でも冬眠せず一年をとおして活動しますが、暑い夏でも寒い冬でも体温を保てるよう夏と冬で体の毛を入れかえるのです。冬には長くふさふさした冬毛(ふゆげ)で寒さから身を守ります。耳のまわりの毛は特に長くてあたたかそうです。人間が使う耳あてのような役割なのでしょう。耳が冷たくなりやすいのはエゾリスも同じなのですね。夏になると冬毛は抜けて短い夏毛(なつげ)に入れかわります。夏に出会うエゾリスがほっそりと見えるのは、冬に比べて毛が短いからです。

 

気温が下がる真冬でも、森の中では、冬毛に守られて活発に活動するエゾリスの姿や雪に残った足あとを見つけることができます。皆さんも、エゾリスの冬毛のようにあたたかいジャンパーを着て、森や公園に出かけてみてください。ふっくらとしたエゾリスに出会えることでしょう。

 

2019年1月9日 十勝毎日新聞掲載(タチモリ)