〒080-0856 帯広市南町南9線49番地
TEL:0155-66-6200 FAX:0155-47-3622
E-MAIL:info@haguku-mu.net


2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
カテゴリー
アーカイブ


木々の芽吹き 2020年5月12日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
     扇子を広げるように開く(イタヤカエデ)         手のひらを広げるように開く(オニグルミ)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
      打ち上げ花火のように開く(カラマツ)           ほんのりと赤くなった葉(カツラ)

 

春になると、森の木々では、冬の間はかたくとじていた芽がいっせいにふくらみ、芽の中に折りたたまれていた葉が開いてきます。葉が開いていく様子は、木によって違いがあり、それぞれ個性的です。

モミジやカエデの葉は、山折り、谷折りと交互にきれいに折りたたまれていて、扇子(せんす)を広げるように開きます。クルミの葉の開きはじめはにぎっていた手のひらをふわっと広げるようです。ほかにも、まるで打ち上げ花火のように開くもの、くしゅくしゅっと丸めたティッシュペーパーが広がるように開くものもあります。開きはじめの葉の色も、すきとおるような緑色のものや、白っぽい産毛(うぶげ)をつけたものなど、木の種類によって様々です。エゾヤマザクラやカツラのように、開きはじめの葉は、ほんのりと赤いものもあります。

芽がふくらみ始めてから葉が開くまでの変化のスピードはとても早く、芽吹き始めた数日後には葉がすっかり開いていることもあります。この時期にしか見ることができない、木々の個性的な芽吹きの様子をぜひ観察してみてください。

 

2020年5月9日(土) 十勝毎日新聞掲載(タチモリ)