〒080-0856 帯広市南町南9線49番地
TEL:0155-66-6200 FAX:0155-47-3622
E-MAIL:info@haguku-mu.net


2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー
アーカイブ


ネズミが食べたクルミ 2020年8月29日

 

森の中で、木の根元にあいた穴の中にたくさんのクルミのからがあるのを見つけました。クルミが自然に集まるはずはありません。なぜ、穴の中にクルミがあったのでしょうか?

クルミのからを取り出して見てみると、からには丸い穴があいていました。これはアカネズミがクルミを食べたあとの特徴です。きっとアカネズミがクルミの実を穴の中に運びこんで食べたのしょう。

クルミのからは、人間も金づちを使わないと割れないぐらいかたいのですが、アカネズミはとても丈夫な歯で、クルミのからに穴をあけることができます。アカネズミは、決まってクルミのからの両側2か所に丸い穴をあけます。この部分に穴をあけると、からの中身を全部きれいに食べることができるのです。アカネズミは、そのことをよく知っているのでしょう。

アカネズミは主に夜に活動するので、なかなか実物の姿を見ることはできませんが、アカネズミがすんでいそうな場所を注意深く探すと、穴のあいたクルミが見つかることがあります。どこからクルミを運んできたのか?どうしてそこで食べたのか?穴のあいたクルミからアカネズミの生活への想像がふくらみます。

 

2020年8月15日(土)十勝毎日新聞掲載(タチモリ)